Topページ > よくある質問 > 統一用語集・参考辞書・ 参考対訳書・無視単語帳

【販売終了およびサポート期間のお知らせ】
「Tratool」は2017年4月3日をもちまして、販売を終了させていただきました。長年にわたるご愛顧に心より感謝申し上げます。
また、お買い上げ頂いた「Tratool」のサポート期間は2018年3月31日までとさせていただきます。
(サポート終了後も、Tratoolのご利用は可能です)
ご質問・お問合せはこちら  

統一用語集・参考辞書・ 参考対訳書・無視単語帳

よくある質問のトップページへ戻る

無償で利用できるリファレンスはあるか?

参考辞書・訳例集のページにて、無償で一般分野の参考辞書、参考対訳書および基本的な無視単語帳を提供しています。
弊社で用意した物の他に、一般に公開されている用語集などのうちから、TraToolでも使えるものを紹介しています。

参考辞書・訳例集のページ>>

トップに戻る

リファレンスの原語と訳語の順番は、翻訳する言語の方向と関係があるか?

翻訳する言語の方向と、リファレンスの原語と訳語の順番が同じでない場合、正しく対訳サーチができません。翻訳する言語の方向と、リファレンスの原語と訳語の順番を合わせてください。

例えば英日翻訳の場合は、リファレンスに設定するファイルの対訳の順番も英日にしてください。

例:

こういう状態の場合は、英語→日本語への翻訳でのみ参考対訳が実行できます。

トップに戻る

翻訳する言語の方向を変更する場合、使用していたリファレンスを流用できるか?

流用できます。流用したいリファレンスの原語と訳語を入れ換えて使用してください。原語と訳語を入れ換えるには、TraToolの[リファレンスタブ]で、流用したいリファレンスをクリックし、[入れ換え]ボタンをクリックしてください。

例:

「入れ換え」ボタンはリファレンスタブ右下にあります。

トップに戻る

翻訳の途中で統一用語集の用語を編集した場合はどうなるか?

統一用語集に登録されている訳語と違う訳語が訳文欄に入力されている場合は、原文欄と用語欄で該当する用語が赤で警告表示されます。

編集後の統一用語集を保存する場合、翻訳終了時に、対訳を保存するだけでなく、統一用語集も上書き保存することを忘れないようにしてください。

統一用語集を保存するには:

画面右上、ヘルプの黄色いボタンの左に「統一用語集を保存する」ボタンがあります。
このボタンがグレーになっている時は、統一用語集がすでに保存されている場合か、編集されていない場合ですので、保存の必要はありません。

トップに戻る

リファレンスとして、同じファイルを複数のユーザーで共有できるか?

リファレンスとして、同じファイルを複数のユーザーで共有できます。

共有するファイルのアクセス権の設定については、Microsoft Windowsの説明書を参照してください。

「読み込み」のみでの共有は可能ですが、複数のPCからの統一用語の新規追加や、統一用語の編集はできません。

トップに戻る

リファレンス構成はどのように使い分ければよいか?

翻訳対象のカテゴリに応じてリファレンス構成を作成してください。例えば顧客別、商品別、専門分野別(金融、医薬、法務、特許など)といった単位ごとにリファレンス構成を作成しておくと、同じカテゴリの文書を翻訳する際に文書ごとにリファレンスを設定する手間を省けます。

あるいは、翻訳の発注もとの会社ごと(○○株式会社の翻訳のためのリファレンスはこれ、▼▼株式会社の翻訳をする場合はこれ、といった具合)に分類するのもよい方法です。

トップに戻る

リファレンスに読み込めるファイル数の上限はいくつか?

読み込めるファイル数の上限は次の通りです。

<TraTool Enterprise Editionの場合>
  • 統一用語集:20
  • 参考辞書:20
  • 参考対訳書:20
  • 無視単語帳:1
<TraTool Personal Editionの場合>
  • 統一用語集:3
  • 参考辞書:3
  • 参考対訳書:3
  • 無視単語帳:1
※数が足りない場合は、パワーアップツールのページにある「辞書のマージ・重複チェックツール」を使って、複数のファイルを一つにまとめるようにしてください。
<TraTool.netの場合>
個人版法人版問わず
  • 統一用語集:20
  • 参考辞書:20
  • 参考対訳書:20
  • 無視単語帳:1

トップに戻る

翻訳中の対訳内で用語を統一するにはどうしたらよいか?

統一用語集を作成し、リファレンスに設定してください。統一用語集を設定すると、原文中、訳文中の用語が条件によって色分けして表示されるため、用語の統一が容易になります。

用語の統一についての詳細は、以下の資料もご参照下さい。

TraToolクイックスタートガイド >>

TraTool Getting Started (1日30分 7日で習得)
TraTool Getting Started (1日30分 7日で習得)

トップに戻る

統一用語集を作成する際のポイントは何か?

必ず一意の訳にしたい用語を登録することです。
言い換えると、一つの単語に一つの訳語のみが振られる用語のみに絞るという事です。

例えば、製品名・会社名などの固有名詞が代表的なものになると思います。

複数の訳語を登録した場合、登録した複数の訳語を訳文中で使用していないと、原文欄と用語欄の該当用語が赤で警戒表示されます。
また、次のような単位ごとに統一用語集を作成しておくと、同じカテゴリの文書を翻訳する際に用語の統一が容易になります。

  • 顧客
  • 商品
  • 金融、医薬、法務、特許などの専門分野
  • 契約書、製品マニュアル、会社パンフレットなどの文書形態
  • 表記の統一ルール

トップに戻る

複数の統一用語集または参考辞書をまとめて一つのファイルにできるか?

「辞書のマージ・重複チェックツール」を使えば、一つのファイルにまとめられます。
「辞書のマージ・重複チェックツール」は当サイト内のパワーアップツールのページからダウンロードしてください。

「辞書のマージ・重複チェックツール」は、例えば、同じ文章や単語に別の訳が振ってあった場合に警告をしてくれるなど、翻訳の実務上便利な機能を兼ね備えていますが、複数のファイルを一度に一つに結合することはできません。

一括処理をご希望の方は、j-txtaddなどフリーウェアのご利用もご検討下さい。
その際は文字コードの問題にご注意下さい。個別のフリーウェアに関しての御質問は欠くソフトウェアの作者HPなどをご参照下さい。

トップに戻る

なぜ無視単語帳を設定する必要があるのか?

対訳サーチ結果の精度に影響するため、無視単語帳の設定を推奨します。

対訳サーチは、検索元の原文にある単語と検索先の対訳中にある単語を比較して類似度を評価します。無視単語帳を設定しておくと、比較対象から無視単語帳に登録されている単語が除外されるので、検索の精度を上げられます。

無視単語帳の作成が面倒/難しいとお感じになられる方は、弊社で標準的なものを無料で提供していますので、ぜひご利用下さい。

無視単語帳(TraToolインストール時に一緒についてくるものとは異なります。より項目数が多いものです)

トップに戻る

無視単語帳を編集するにはどうすればよいか?

無視単語帳の編集方法
  1. 無視単語帳をテキストエディタ(メモ帳等)で開く。
  2. テキストエディタで編集し、保存する。
  3. 編集したファイルをTraToolの[リファレンスタブ]で無視単語帳に設定する。

トップに戻る

無視単語帳にはどのような単語を登録するとよいのか?

無視単語帳は対訳サーチ結果の精度に影響するため、類似度の評価の対象外にしたい単語を登録することを推奨します。

無視単語帳に登録する単語の例を次に挙げます。
  • a、in、and、I、youなどの冠詞、前置詞、接続詞、代名詞など
  • Mr.、Ms.、Dr.などの敬称
  • 数字、月名、曜日名など
  • 商品名、社名、人名などの固有名詞
  • (マニュアルの場合)メニュー名、コマンド名など

トップに戻る

対訳サーチの際に、無視単語帳の単語を類似度の評価の対象にしたい場合はどうすればよいか?

類似度の評価の対象にしたい単語をキーワードの範囲指定に含め、対訳サーチを実行してください。

トップに戻る

複数の辞書ファイルを一つにまとめるには

TraToolのPersonal Editionで読み込める辞書の数は、統一用語・参考辞書・参考対訳書それぞれ3ファイルずつの計9ファイルまでです。

したがって、しばらく使っていると、『複数の辞書ファイルを一つにまとめる』ことが必要になってきます。

パワーアップツールのページから『辞書のマージ・重複チェックツール』をダウンロードしてください。

パワーアップツールのページ >>

トップに戻る

参考対訳書に重複行が多いので整理したい

「辞書のマージ・重複チェックツール」を使う事で、辞書ファイルだけでなく参考対訳書のファイルでも重複の削除が出来ます。

パワーアップツールのページ >>

トップに戻る

参考対訳書の日英を逆にしたい

例えば、原文欄に日本語・訳文欄に英語として参考対訳書を作成するはずが、訳文欄に日本語・原文欄に英語を入力してしまった場合

▼リファレンスとして読みこんだ後、原文・訳文を逆にする方法
  1. リファレンスタブを開いて、原文訳文を逆にしたいファイルをクリックし、ファイル名の表示を反転させます。
  2. リファレンスタブ画面の一番下、プレビューの表示の右下に『入れ換え』のボタンをクリック
  3. 原文訳文が逆になります。
▼作成中にも逆にする方法
  1. 対訳編集画面で、「文章加工」→「原文と訳文の入れ換え」をクリックすると、現在編集中の原文と訳文が入れ替わります。

トップに戻る

「用語集に登録」した用語は、どの用語集ファイルに登録されているのでしょうか?

「リファレンスタブの統一用語欄の一番上に名前が表示されているファイル」に登録されます。

参考辞書、参考対訳書への登録はTraToolの用語集作成機能では出来ません。
その場合は、用語を追加登録・編集・削除したい辞書ファイルを対訳として読み込んで編集してください。

トップに戻る



TraToolシリーズの特長
製品紹介
お問い合わせ