Topページ > 柔軟な翻訳メモリ

【販売終了およびサポート期間のお知らせ】
「Tratool」は2017年4月3日をもちまして、販売を終了させていただきました。長年にわたるご愛顧に心より感謝申し上げます。
また、お買い上げ頂いた「Tratool」のサポート期間は2018年3月31日までとさせていただきます。
(サポート終了後も、Tratoolのご利用は可能です)
ご質問・お問合せはこちら  

柔軟な翻訳メモリ

2種類の翻訳メモリサーチ機能を搭載

◎センテンスサーチ
データベース化した過去の翻訳から、構造の似た(あるいは同一の)文章を探し出す機能
◎フレーズサーチ
文章単位ではなく連語単位・単語単位で類似した個所を探し出す機能

センテンスサーチ ― 繰り返しの多い翻訳に

マニュアルや契約書など、決り文句の繰り返しが多い文章に関しては、センテンスサーチが有効です。

過去に翻訳した文書の中から、現在翻訳している文書と似た構造をもつ文章を探し出すので、タイピングの手間もなくなり作業時間は大幅に短縮
訳文品質のばらつきも解消されます。

「[次へ]ボタンをクリックしてください」とか「[編集]メニューから[XX]を選択してください」等を何度も翻訳したくない方は多いと思います。

フレーズサーチ ― 連語や専門用語の検索に

「フレーズサーチは」TraToolだけの新機能です。

たとえば、「動詞の意味はわかるけど、前置詞に何を使えばよいのか分からない」、「一般的な単語だが、専門性の高い分野で使われているので用例を確認したい」、といった場合に力を発揮します。

調べたい単語の前後の文章も判定して、より原文に近い用例を探し出します。

句や節単位で類似したものを検索できるので、連語レベルでの用語・表現統一や過去訳を高い精度で検索し、利用することが可能になります。文章の繰り返しがあまり多くない文書でも、過去訳の120%活用を実現します!

データベース作成もかんたん!

新たに出来上がった訳文も、簡単な操作でデータベースとして保存可能。 TraToolで翻訳した文書は、普通に保存するだけで、そのままデータベースになります。 ほかのアプリケーションで作成したものも、テキストを読み込むと、自動的に文章ごとに区切られてデータベースが完成。

過去訳のリサイクルと新規データの資産化という作業をシームレスに行えるため、品質アップと効率化が即座に実現します。



TraToolシリーズの特長
製品紹介
お問い合わせ